トピックス

第2回ロコモアドバイス大賞 結果発表

報道関係各位


平成 30 年 5 月 17 日
公益社団法人 日本整形外科学会

全国から寄せられた絵川柳応募作品426件のなかから
「第2回ロコモアドバイス大賞〜ロコモ絵川柳〜」受賞作品決定!
大賞受賞者は 大宮司 香織 さん

 公益社団法人日本整形外科学会(理事長:山崎 正志、所在地:東京都文京区本郷2-40-8)は、このたび、ロコモティブシン ドローム啓発の一環として、第2回ロコモアドバイス大賞「ロコモ絵川柳」※を2018 年12 月から2019 年2 月にかけて全国から 広く募集いたしました。その結果、寄せられた応募作品は426 件にのぼり、日本整形外科学会審査員による厳正な審査の結 果、大賞1 作品、特選5 作品、優秀賞5 作品を決定いたしました。
 大賞受賞者には賞金10 万円(現金)を贈呈し、特選の5 名には5 万円の商品券を、優秀賞の5 名には2 万円の商品券を 贈呈します。当選作品はポスター化するなどして、ロコモ予防を推進する団体など、希望する法人向けへの無償配布を予定し ております。作品発表をきっかけとして様々な方々の間でロコモに対する認知と理解が深まり、社会全体に運動器の健康に対 する意識が高まることを期待しております。
※応募作品は、五・七・五の定型に限らず、字余り、字足らず、標語など形式の自由な手描きによるハガキサイズの未発表作品に限定しました。

第2回ロコモアドバイス大賞 受賞作品
大宮司 香織 さん 作



応募者年齢構成比

特選5作品(賞品 商品券5万円)


矢沢 秀子 さん 作

浅野 良行 さん 作


森田 章 さん 作

三郎 さん 作

角森 玲子 さん 作

優秀賞5作品(賞品 商品券2万円)


春爺 さん 作

ponpoco さん 作

あきたん さん 作


ちゅう坊 さん 作

五條 彰久 さん 作

第2回ロコモアドバイス大賞 概要

「あなたの手描きイラスト付きロコモ絵川柳」を募集!
ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)啓発のためにロコモ絵川柳を広く募集。「足腰の大切さ」「運動器や栄養の重要性」「ロコモ予防のア ドバイス」を川柳に手描きによるオリジナルの絵やイラストをつけて作品にした『絵川柳』にして応募ください。ロコモ予防の具体案や、応募者 の意気込み、ロコモに関する出来事などをグッとくる川柳とハッとする手描きイラストにまとめてください。
※川柳は五・七・五の定型のみに限りません。字余り、字足らず、標語など形式は自由です。
※ご応募いただく川柳・イラストは、手描きによる未発表のオリジナル作品に限ります。

  • 募集期間:平成29年12月1日(金)〜平成30年2月28日(水) ※当日消印有効
  • 応募資格:日本在住の個人(法人や複数の方による共同作品は参加できない)。年齢、性別、プロアマ問わず。
  • 応募方法:郵送のみにて受け付け。作品と、応募必要事項【郵便番号/住所/氏名/年齢/性別(必須ではない)/未成年者の場合保護者氏名/ペンネーム(希望者)/電話番号(日中に連絡がつきやすい番号)/メールアドレス】をご記入の上、ご応募ください。
  • 応募サイズ:作品はハガキまたはハガキと同サイズの紙に描きご応募ください。
  • 審査基準:「足腰の大切さ」、「運動器や栄養の重要性」、「ロコモ予防のアドバイス」などロコモ予防の大切さを気づかせてくれる作品を総合的に評価。
  • 賞金/賞品: 大賞(現金10万円・1名)
           特選(商品券3万円分・5名)
           優秀賞(商品券2万円分・5名)

  • 注釈)ロコモティブシンドローム(略称ロコモ)・・・運動器の障害により、移動機能の低下をきたした状態。進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。

公益社団法人日本整形外科学会について

日本整形外科学会は1926年(大正15年)、に設立され、平成23年4月1日に公益社団法人日本整形外科学会となりました。その目的は 「整形外科学及び運動器学について調査、研究を行い、整形外科学及び運動器学の進歩普及に貢献し、もって国民の健康、疾病の予防、スポーツ医学等を通じた国民の心身の健全な発達、障害者の支援、高齢者の福祉の増進及び公衆衛生の向上に寄与すること」です。本学会は、疾患の予防・診断・治療、運動器の機能の維持・改善をめざしています。このため、必要な診断能力をもち、適切な医療を提供することができる専門医を育成しています。日本整形外科学会は、公益社団法人として今後一層、整形外科学、運動器学の発展に寄与してまいります。

ロコモ チャレンジ!推進協議会について

ロコモティブシンドロームを、医療・企業・行政の枠を超えて社会的に取り組むテーマであると考え、広くロコモを啓発し、ロコモに負けない 社会をつくるため、日本整形外科学会では、任意団体「ロコモ チャレンジ!推進協議会」を立ち上げました(委員長:大江隆史、所在地: 東京都文京区本郷2-40-8)。「ロコモ チャレンジ!推進協議会」では、ロコモティブシンドロームに関する正しい知識の普及と予防意識の啓 発を行います。協議会では、会員企業・団体を募り、連携のうえロコモ予防を社会運動化していきます。

活動内容:

―ロコモティブシンドロームの予防・啓発のための広報活動
―「ロコモ チャレンジ!」のワード、ロゴマーク使用の認証管理
―「ロコモ チャレンジ!」公式WEBサイト(http://locomo-joa.jp)の運営・管理
―会員企業・団体と連携した広報活動 等

【メディア向け:本件に関するお問い合わせ先】
「ロコモアドバイス大賞」広報事務局(博報堂内、担当:二荒 野口 浅川)
TEL:03-6441-4610
メール:office@locomo-joa.jp
公益社団法人日本整形外科学会事務局 ロコモアドバイス大賞係(担当:宮川)
TEL:03-3816-3671 ※電話でのお問い合わせはメディアの方のみ
メール:locomoadvice2016@joa.or.jp

第2回アドバイス大賞発表リリースPDF

本リリースは、厚生労働記者会、厚生日比谷クラブ、科学記者会、本町記者会に配布しております。